様々な悩みについて

社会不適合は悩みではあるが悩む必要はない

    

社会不適合者はあなた一人だけではない。

この社会には社会に適合しない人はたくさんいます。

一般社会の要求に答えて生活できない。

社会の一般常識やマナーに対応できない人と世間では言われています。

 

しかし、できないというよりどうしたらよいのかがわからない。

自分が何をしたらよいのかがわからない、人と接するのが苦手だという

のがそんな方たちの悩みなのでないでしょうか?

 

こんな事を考えている?

・社会の一般常識やマナーはわかるけどそれが常識ということが納得

できない。

・自分は本来こうあるべき人間だという考え。

・社会に意味を感じられない。

 

しかし、こうは考えるものの自分の現状はまるで時が止まったように

進むことはない。

 

社会不適合だからどうにもならないのか?

社会不適合者だからどうにもならないのかと言えばそれは絶対にありえません。

 

逆に無理に社会に合わせよう合わせようと思えば思うほど考えこんで

しまうかもしれない。

 

そうなるとうつ病になってしまったりノイローゼになってしまうケース

も考えられるので無理にそうしようと考える必要は私はないと思う。

 

社会不適合者とはようは自分中心、わがままな人間である可能性

が高いですが、社会で成功しておられる会社の経営者さんもそういう人間

が多いのも事実だと私は思う。

 

無理して社会に出て人と合わせようとしなくていいから、自分の強みを探して

それを上手に生かして月日がかかってでも社会貢献できるようになれば社会不適合者

ではなくなります。

 

何かに囚われながら生きることが全てではない。

他人がしていることが全てではありません。

 

人間は皆がしていることをしたがる生き物です。

 

ギャルブームがくれば皆ギャルになり、落ち着いて皆が就職し始めたらそろそろ私も

就職しようと仲間外れや自分だけ取り残されるのがこわいから皆がしている行動に

流されていきます。

 

そこで取り残されていつまでも皆と違う行動をしていると社会不適合者と呼ばれたり

いつまでも何をしてるんだって皆が言うようになります。

 

しかし、それは個性であって悪いことではありません。

 

それでも欲がない。自分はどうあるべきかなどの願望もない。

こういう場合は例外ですが、自分の強みを生かすか、なにか自分の強みを

作ることができれば特に人と関わらずに一人で仕事をすることも可能です。

 

日本では社会不適合者と呼ばれているが、オランダではこの人はこういう

個性だと一人一人を個性で見てくれる国もあります。

 

日本にいてなにか窮屈に感じるならそういう国にいってしまうのもよい

でしょう。

 

きっとあたたかくかく迎え入れてくれるでしょう。

それでもどうしても日本で生きていきたいと思うならまず自分にあった

仕事選びをする必要があります。

 

人に合わせる必要がない仕事選び方

・起業して自分の強みを生かすもしくは自分の強みを作って起業する。

特になるべく人とコミュニケーションをとらずに自分のセンスと発想でできる

仕事としては以下のようなものがあります。

・コーダーフロントエンジニア

コーダーとはHTMLコードでwebデザイナーさんがデザインしたものをコード

で打ち込む仕事です。覚えるまでは少し苦労するかと思いますが、覚えてしま

えば確実に強みになることは間違いないでしょう。

 

・ライター

文章を書く仕事です。文章で人に伝える力が必要です。ライター養成講座など

で技術を習得することができます。個性が強い分こんな仕事は合う仕事かなと

思います。

 

・芸術

芸術に関しては私も詳しいことはわかりませんが生まれつきの才能ではないかと

思います。私は絵も下手糞で不器用で練習しても上手くなるとはおもえないので

できませんが、生まれつき芸術の才能があるならそういう仕事もいいかもしれません。

しかし、デメリットとしてはそれをどう仕事にするかが難しいというところです。

 

・起業する

起業って言っても何をすればいいんだろうと考えがちですが古本や中古の電化製品を

転売したりするのも立派な起業です。簡単ではないでうが、リサーチして商品さえし

っかり見極められるようになれば立派な強みになりでしょう。

 

社会不適合者でも道はたくさんある

最後になりますが社会不適合者であっても他人と強調することができなくても道はたくさん

あります。

 

逆を言えばそれはあなたの持っている個性であり、自分らしく生きるために必要なものだと

私は思います。

 

合わせよう合わせようと焦ったところで良い結果は生まれないので自分にはなにができるか

じっくり考えて少しだけ自分の為になにか頑張ってみれば良い結果に結びついてくるのでは

ないかと思います。

 

社会に踏み出す為の努力をするより、自分でなにかをするために1歩前進することも大切

だと思います。

 

あなたが良い結果をだせることを心より祈っております。